スポンサーリンク

『妊娠する前にしておいた方が良いこと』を考えたことはありますか?

  • 葉酸を摂取する

  • 基礎体温を記録する

  • 定期的に婦人科検診を受ける

などは保健体育の授業でも学ぶことですし、よく知られているのではないでしょうか。
もちろん、赤ちゃんの健やかな成長に必須の栄養素をしっかり摂ったり、自分のからだの状態を把握することはとても重要です。

また、個人的には妊娠前は医療保険の加入や見直しに最も適した時期だと考えています。




自分が加入している医療保険について、じゅうぶん理解していますか?


「独身時代から加入している医療保険がある」

「親が加入してくれている生命保険に入院特約が付いているから大丈夫」

その保険の保障内容で、本当にカバーできるのでしょうか?


妊娠中~出産までにかかる費用は?


妊娠・出産にかかる費用は、基本的には健康保険の対象外
医学的措置・経過観察・治療が必要なケースを除くと、全額自己負担となります。

①妊娠中にかかる費用


妊娠中は、医療機関(病院・診療所・助産所など)で妊婦健診を受診する必要があります。
厚生労働省は標準的な妊婦健康診査の例として、妊娠期間中に計14回の受診を提示しています。

妊婦健診にかかる費用については全市区町村が14回以上の助成を行っており、全国平均では妊婦一人あたり98,834円が各自治体の公費で負担されています。
出典:妊婦健康診査の公費負担の状況にかかる調査結果について|厚生労働省

妊婦健診で自己負担した費用の総額

公費負担の受診券や補助券ですべての健診費用がカバーできるわけではありませんが、多くの場合は40,000円以下の自己負担で済むという調査結果もでています。
(全額公費負担の自治体にお住いの方からも回答をいただきました。羨ましいです…!)

②出産(分娩)費用


正常分娩の出産費用は、全国平均で486,734円という調査結果がでています。
出典:正常分娩分の平均的な出産費用について(平成24年度)

健康保険に加入していれば42万円の出産一時金が支給されるため、分娩・入院費用の自己負担額は抑えられます。
(※産科医療補償制度対象出産では無い場合は40万4千円)

また、帝王切開による出産には健康保険が適応されるため、分娩費用は3割負担になり、高額療養費の対象にもなります。

③不測の事態が起きた場合の費用


上記の通り、分娩方法・地域性・病院によって費用は大きく異なるものの、大きなトラブルがなければ自己負担が膨大な額になるケースは少ないと言えます。

ただし、すべての妊娠・出産が順調な経過を辿るわけではありません
妊娠悪阻・多胎妊娠・切迫流産・切迫早産・妊娠糖尿病・妊娠高血圧症候群・前置胎盤など、場合によっては管理入院が必要になる病気もあるのです。

例えば、つわりを経験する妊婦は少なくありませんが、それが重症化した場合は妊娠悪阻と診断されます。
妊娠悪阻で入院治療を必要とするケースは全妊婦の1~2%です。
また、2009年の統計では早産とされる妊娠37週未満の出生数は5.7%を占めており、切迫流産や切迫早産の治療を受ける妊婦も決して少ないとは言えません。

管理入院が長期に及んだ場合にかかる費用は?


具体的な例を挙げて計算してみました。
(例)33歳専業主婦
家族構成:(夫)会社員 (子)1歳半
入院期間:6月1日~6月30日(30日間)
病名:切迫早産
治療:安静・子宮収縮抑制薬の投与・NSTやエコーで胎児の状態を観察

①入院費用


入院した場合の治療費は、保険適用の三割負担で一日10,000円程度かかるとみておくと良いでしょう。
それに加えて、病院食の費用が一食360円(※自己負担額)。
さらにNSTやエコーなどの検査は保険適用外となることがほとんどです。(この試算では便宜上、保険適用内としました)

ただし、一ヶ月あたりの医療費が高額になった場合、自己負担限度額を超えて支払った医療費については加入している健康保険から給付を受けることができます。
この自己負担限度額は所得区分によって異なりますが、年収約370~約770万円の場合は80,100円+(医療費-267,000円)×1%を負担すれば良いことになります。
出典:高額療養費制度を利用される皆さまへ|厚生労働省

また、差額ベッド代については健康保険は適用されず、全額自己負担となります。
厚生労働省の調査によると、差額ベッド代は全国平均で一日約6,000円
条件を満たせば個室ではなく四人部屋の利用などでも発生するので要注意です。

80,100円+(1,000,000円-267,000円)×1%
87,430円(治療費)

360円×88食(6月1日昼入院・6月30日昼退院として計算)
31,680円(食費)

3,000円×30日(二人部屋利用として計算)
90,000円(差額ベッド代)

87,430円(治療費)+31,680円(食費)+90,000円(差額ベッド代)
=209,110円

一ヶ月で約21万円の入院費がかかる計算になりました。
ただし、同じ30日間の入院期間でも、月をまたぐと費用が大きく変わってきます。

6月17日~7月16日(30日間)に入院した場合

80,100円+(460,000円-267,000円)×1%
82,030円(6月分治療費)

80,100円+(530,000円-267,000円)×1%
82,730円(7月分治療費)

360円×88食(6月1日昼入院・6月30日昼退院として計算)
31,680円(食費)

3,000円×30日(二人部屋利用として計算)
90,000円(差額ベッド代)

82,030円(6月分治療費)+80,730円(7月分治療費)+31,680円(食費)+90,000円(差額ベッド代)
=284,440円

入院開始日がずれ込んだことで、合計の支払金額に約75,000円も差がでることになります。
治療の必要があるから入院するわけですから、「せっかくなので月初から入院にできませんか?」という訳にはいきません。

②その他の諸費用


  • ご家族がお見舞いにくる際の交通費

  • 上のお子さんの保育料やベビーシッター代

  • 面倒をみてくださる身内の方への謝礼

  • ご主人やご家族の食費

など、入院に伴って発生する出費もあります。

300円×12日(週に三日お見舞いにくるとして計算)
3,600円(病院駐車場代)

1,500円×22日+800円×8日
(緊急保育を利用。うち8日間は2時間の延長保育も利用したとして計算)

39,400円(保育料)

600円×30日×2人
(ご主人・お子さんの夕食を宅配弁当にしたとして計算)

36,000円(家族食費)

3,600円(病院駐車場代)+39,400円(保育料)+36,000円(家族食費)
=79,000円

入院費用とその他の諸費用を合わせると、一ヶ月で約30万円近くの出費になる計算です。

第二子妊娠&両実家遠方のわたしの場合


今回、切迫早産のため計50日間入院することになりました。

高額療養費適用
252,905円(治療費)

360円×147食
52,920円(食費)

7,500円/日
189,000円(差額ベッド代)

200円×36日(週に四~五日お見舞いにきたとして計算)
7,200円(病院駐車場代)

100,000円(義実家に上の子をお願いしているため)
100,000円(謝礼)

10,000円(新幹線)×3回+5,000円(ガソリン)×4回
(夫が義実家に帰省するための交通費)

50,000円(義実家までの交通費)

252,905円(治療費)+52,920円(食費)+189,000円(差額ベッド代)+7,200円(病院駐車場代)+100,000円(謝礼)+50,000円(義実家までの交通費)
=652,025円

この他にも夫の外食費など諸々あると思いますが、自分でも計算して恐ろしくなってきたのでやめました。
とにかく、ものすごくお金がかかるということがはお分かりいただけたかと思います。


妊娠中~出産まではなにが起こるかわからない。だからこそ考えておきたいこと


わたしの場合は50日間で済みましたが、同じ産科病棟にはさらに長期間入院している妊婦さんもいます。

「万が一入院になったら差額ベッド代が発生しない大部屋を利用しよう」と考えている方も多いと思いますが、重症の切迫流産・早産と診断された場合はトイレまでの移動すら許されないことがあります。
カーテン一枚のみで仕切られた空間にいながら、ポータブルトイレを使って排泄せざるを得なくなる可能性もあるのです。

  • 自分が長期入院になったらどんな出費が発生するのか

  • 加入している医療保険や貯蓄でカバーできるのか

最低限、各ご家庭でこの2点については考えておくべきです。

医療保険は妊娠前に加入するのがベスト


「医療保険は未加入だけど、万が一のことがあっても貯蓄でカバーできない」

「現在加入している保険では保障が不足している」

と感じられた方は、妊娠前に医療保険に加入することを検討してください
妊娠してから加入すると、その妊娠については保障の対象外となり、次回以降の妊娠で問題が生じた場合のみ給付金が支払われるケースがほとんどです。
ただし、異常妊娠・分娩を経てからの加入には特定部位不担保(この場合は子宮についての病気は一定期間保障しないこと)などの条件がつくこともあるため、次回以降の妊娠のために加入しておくことが無意味だとは言えません。

妊婦でも入れる医療保険もあります


また、種類はそう多くありませんが、妊娠中に加入でき、その妊娠について保障してくれる医療保険もいくつかあります。
加入できる週数に制限があるので、すでに妊娠中の方ははやめにチェックしましょう。

不安がある方は、まず無料保険相談を利用してみてください


実際のところ、大多数の妊婦さんは長期に及ぶ入院生活を送ることはありません。

「我が家は一ヶ月でこのくらいの支出になりそうだから、入院給付が一日○○円の保険に入らなくちゃ…!」

と不安を煽ってしまったかもしれませんが、要は家計から捻出すると不足してしまう額を補填できるだけの給付金があれば良いのです。
入院給付金を手厚くしすぎると、今度は毎月の保険料が家計の負担になりかねません

普段の生活』と『万が一の備え』はどちらも同じように大切です。

  • 加入している医療保険の保障内容をよく理解していない

  • この機会に保険の見直しがしたいが、保険料が家計の負担にならないか不安

など、すこしでも不安がある方は、まずプロのFP(ファイナンシャルプランナー)に相談されることをおすすめします

最近だと『給付金は入院初日から』『一度の入院で60日まで給付』される医療保険が主流ですが、以前は『給付金は入院5日目から』『一度の入院で30日まで給付』といった条件がついているものも少なくありませんでした。
また、保険に詳しくない一般人からはオトクに見える保険でも、実は給付の条件が厳しかったりすることもあるのです。

より良い保険に加入するために見直しをしたはずが逆に損をしてしまったら、もったいないと思いませんか?

無料保険相談で有名な『保険のビュッフェ』では、納得いくまで何度でも、お金や保険のプロフェッショナルであるFP(ファイナンシャルプランナー)に相談することができます。
【保険のビュッフェ】経験豊富なフィナンシャルプランナーがサポート!

家計と保険について、ご家族でじっくり考える時間を設けるきっかけになると思います。
経験豊富なプロのアドバイスを無料で受けられる貴重な機会なので、ぜひ活用してみてください。

スポンサーリンク

 

 タグ
None