二人目妊婦のまいにち ― これってシンプル?

やんちゃな2歳男児を育児中!切迫体質&持病ありハイリスク妊婦の妊娠生活&管理入院日記を更新しています

最新記事

先月よく読まれていた人気記事

最新記事

No Image

2017-01-19 妊娠38週(出産レポート)
妊娠27週から34週になるまで、切迫早産で入院していたわたし。「まだおなかにいてね~」ずっとそう切実に願っていたはずなのに、無事に退院し、臨月に入り、正産期に入ってもなかなか産まれないぞ…?とそわそわ。同じように長期間入院してきた妊婦さんの出産エピソードをひたすら探して読み漁っていました。退院してすぐに産気づいた妊婦さんから、まさかまさかの予定日超過に驚きを隠せない妊婦さんまで。自分と同じような状況の...

記事を読む

No Image

2017-01-13 妊娠38週(出産レポート)
前記事:経産婦の第二子出産レポート③初めての立ち会い出産、夫に苛立つかわいげない妻(38w0d)ドン!という衝撃と同時に、赤ちゃんのいる位置が一気に下がったのがわかりました。これまでの痛みとは比較できないほどの激痛。じゃーっと破水した感覚もあったのですが、のちのち夫に聞いたところによると破水のタイミングはもうすこし後だったそう。おそらく、この時は突然の痛みに驚いて普通に失禁しました。分娩台のバーを握りし...

記事を読む

No Image

2017-01-12 妊娠38週(出産レポート)
前記事:経産婦の第二子出産レポート②本陣痛という確信を持てないまま病院へ(38w0d)車椅子で運ばれた先は分娩室。「朝までには産まれると思うし、移動するのも大変だろうからこのお部屋で過ごしてください」初めての出産の時も、入院してすぐ分娩室に通されたので陣痛室で過ごすことはありませんでした。今回こそは陣痛室でバランスボールに乗ったり、足湯したり…オーソドックスな出産っぽいことがしたい!と思っていたのですが...

記事を読む

No Image

2017-01-11 妊娠38週(出産レポート)
前記事:経産婦の第二子出産レポート①前駆陣痛か?本陣痛か?(37w6d)日付が変わっても痛みの強さは変わらず。00:01(9分間隔)00:09(8分間隔)ただ、張りがくると腰のあたりになんとなく圧迫感がでるようになりました。一人目は破水スタートで5時間半というはやさで出産に至ったため、今回もスピード出産の可能性が高いことはわかっていました。(家で産まれちゃったら困るし、念のため…)とここでようやく産婦人科に電話。・痛...

記事を読む

No Image

2017-01-10 妊娠38週(出産レポート)
前記事:37w6d 本陣痛がくるまでのこと【出産前日の下がってきたお腹画像あり】20時過ぎに寝た夫を横目に、お灸を据えたりスクワットしたり…おなかが張るたびに陣痛計測アプリに記録してみるものの、やはり不規則。というかそもそもこの痛みでは生まれない、となんとなくわかる。だらだらテレビを観つつ、陣痛計測アプリに記録を残していました。...

記事を読む

切迫早産で長期入院→正産期に無事出産!分娩までのエピソードまとめ

妊娠27週から34週になるまで、切迫早産で入院していたわたし。

「まだおなかにいてね~」
ずっとそう切実に願っていたはずなのに、無事に退院し、臨月に入り、正産期に入ってもなかなか産まれないぞ…?とそわそわ。

同じように長期間入院してきた妊婦さんの出産エピソードをひたすら探して読み漁っていました。
退院してすぐに産気づいた妊婦さんから、まさかまさかの予定日超過に驚きを隠せない妊婦さんまで。
自分と同じような状況の方の出産エピソードを見つけると、なんだか嬉しい気分になったものでした。

とはいえ、切迫で入院生活を送る妊婦さんは多数派ではないので、そうそう見つけられないものです。
今まさに同じような状況の方に、この記事を見つけてもらえるといいなぁと思ってタイトルはキーワードもりもりにしました(笑)


残りわずかな妊娠生活を楽しんでくださいね。
元気な赤ちゃんが産まれますように!

» 記事の続きを読む

経産婦の第二子出産レポート④あれよあれよと分娩に(38w0d)

前記事:経産婦の第二子出産レポート③初めての立ち会い出産、夫に苛立つかわいげない妻(38w0d)

ドン!という衝撃と同時に、赤ちゃんのいる位置が一気に下がったのがわかりました。
これまでの痛みとは比較できないほどの激痛。
じゃーっと破水した感覚もあったのですが、のちのち夫に聞いたところによると破水のタイミングはもうすこし後だったそう。
おそらく、この時は突然の痛みに驚いて普通に失禁しました。
分娩台のバーを握りしめながら、「あ…ナースコールして…」とだけ言って悶絶。

分娩室に入ってきた助産師さんはすぐに状況を察知してくれたようで、緊急コールをかけてすぐに何人かの助産師さんや看護師さんを集めてくれました。
夫、あわあわ。
陣痛がおさまっている間に内診をすると、子宮口10cm開大!
1時過ぎの内診の4cmから、一気に全開になりました。
最後に時計を確認したのはこの時。
ちょうど2時10分でした。
(まぁ3時までには産まれるか…がんばろう…あ~無痛にしたい…)と思ったことを覚えています。

» 記事の続きを読む

経産婦の第二子出産レポート③初めての立ち会い出産、夫に苛立つかわいげない妻(38w0d)

前記事:経産婦の第二子出産レポート②本陣痛という確信を持てないまま病院へ(38w0d)

車椅子で運ばれた先は分娩室。
「朝までには産まれると思うし、移動するのも大変だろうからこのお部屋で過ごしてください」

初めての出産の時も、入院してすぐ分娩室に通されたので陣痛室で過ごすことはありませんでした。
今回こそは陣痛室でバランスボールに乗ったり、足湯したり…
オーソドックスな出産っぽいことがしたい!と思っていたのですが、その願いは叶いませんでした。
最後の出産だったかもしれないのに…残念。

病院から支給される衣類に着替え終わった頃、夫が分娩室に入りました。
トイレに行っている間にわたしと荷物が消えていて、慌てて産婦人科病棟へきたとのこと。
(正直、ばたばたしていて存在をすっかり忘れていました)

「もう一回内診するね~」と先ほどの助産師さん。
「あ、やっぱり。子宮口、6cmじゃなくて4cmですね」
6cm開いているにしては余裕があるなぁと思っていたそう。
ということは、まだまだ時間かかるよなぁ…とテンションだだ下がり。
点滴のライン確保とモニターをつけると、「なにかあったら呼んでください」と助産師さんは退室しました。

» 記事の続きを読む

経産婦の第二子出産レポート②本陣痛という確信を持てないまま病院へ(38w0d)

前記事:経産婦の第二子出産レポート①前駆陣痛か?本陣痛か?(37w6d)

日付が変わっても痛みの強さは変わらず。

00:01(9分間隔)
00:09(8分間隔)


ただ、張りがくると腰のあたりになんとなく圧迫感がでるようになりました。

一人目は破水スタートで5時間半というはやさで出産に至ったため、今回もスピード出産の可能性が高いことはわかっていました。
(家で産まれちゃったら困るし、念のため…)とここでようやく産婦人科に電話。

・痛みはまだ強くないものの、10分前後で張りがあること
・腰のあたりに圧迫感がでてきたこと
・家から病院へは約30分かかること

を伝えると、すぐに病院へ向かうことに。
夫の運転で病院へ向かうと伝えると、「後部座席で横になって起き上がらないできてくださいね!経産婦さんはお産進みやすいから」と注意されました。

電話をしている声で目が覚めたようで、夫はすっかり身支度を済ませていました。

» 記事の続きを読む

経産婦の第二子出産レポート①前駆陣痛か?本陣痛か?(37w6d)

前記事:37w6d 本陣痛がくるまでのこと【出産前日の下がってきたお腹画像あり】

20時過ぎに寝た夫を横目に、お灸を据えたりスクワットしたり…
おなかが張るたびに陣痛計測アプリに記録してみるものの、やはり不規則。
というかそもそもこの痛みでは生まれない、となんとなくわかる。
だらだらテレビを観つつ、陣痛計測アプリに記録を残していました。

» 記事の続きを読む

 

 

Copyright © 二人目妊婦のまいにち ― これってシンプル? All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます